平成26年度予算編成に当たり、「平成26年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針について」が8月8日に閣議了解され、これを踏まえて8月末日までに関係各省庁から財務省へ提出された平成26年度山村振興関係予算概算要求の概要は、次のとおりとなっている。

【平成26年度山村振興関係各省庁予算概算要求の概要】

注1. 詳細は別表のとおり。
注2. 予算額は、振興山村分として明確な区分ができないため、
   全国分が一括計上されている。

 

【農林水産省(非公共)】      
1. 強い農業づくり交付金(拡充)   334億円 (136.9%)
2. 都市農村共生・対流総合対策交付金   23億円 (117.9%)
3. 農山漁村活性化プロジェクト支援交付金(拡充)   70億円 (112.3%)
4. 美しい農村再生支援事業(新規)   20億円  (皆 増)
5. 鳥獣被害防止総合対策交付金(拡充)    100億円 (105.3%)
6. 6次産業化支援対策   36億円 (101.0%)
7. 耕作放棄地再生利用緊急対策交付金 所要額 21億円 (112.7%)
8. 野菜価格安定対策事業のうち      
  特定野菜等供給産地育成価格差補給事業 所要額167億円の一部 (104.3%)
9. 農業改良資金利子補給金   (6億円) ( 90.0%)
10. 中山間地域活性化資金   (55億円) (100.0%)
11. .振興山村・過疎地域経営改善資金    (10億円) (100.0%)
         
【農林水産省(公共)】      
1. 農業農村整備事業    3,197億円 (121.7%)
2. 農山漁村地域整備交付金   1,322億円 (117.8%)
         
【水産庁(非公共)】      
1. 強い水産業づくり交付金のうち      
  水産業強化対策事業     12億円 (377.5%)
2. 強い水産業づくり交付金のうち      
  産地水産業強化支援事業    33億円 (100.0%)
         
【水産庁(公共)】      
1. 水産基盤整備事業   846億円 (121.2%)
2. 農山漁村地域整備交付金(再掲)    1,322億円 (117.8%)
         
【林野庁(非公共)】      
1. 森林・山村多面的機能発揮総合対策のうち      
  森林整備地域活動支援交付金(拡充) 既存基金の活用により事業を実施
2. 森林・山村多面的機能発揮総合対策のうち      
  森林・山村多面的機能発揮対策(拡充)    47億円 (155.2%)
3. 森林・林業再生基盤づくり交付金(拡充)   22億円 (136.5%)
4. 森林・林業人材育成対策(拡充)    75億円 (105.7%)
5. 地域材利活用倍増戦略プロジェクト(新規)   18億円 (皆 増)
6. 特用林産物振興・新需要創出事業(新規)    0.6億円 (皆 増)
7. 林業金融対策    (12億円) ( 94.3%)
         
【林野庁(公共)】      
1. 森林整備事業(拡充)    1,388億円 (117.1%)
2. 治山事業(拡充)    716億円 (117.4%)
3. 農山漁村地域整備交付金(再掲)    1,322億円 (117.8%)
         
【総務省】      
1. 辺地対策事業債     410億円 (100.0%)
2. 過疎対策事業債   3,053億円  (100.1%)
3. 一般補助施設整備等事業債(豪雪対策事業)   33億円 (100.0%)
4. 無線システム普及支援事業   144億円 ( 93.1%)
  (1)携帯電話等エリア整備事業   20億円 ( 80.6%)
  (2)地上デジタル放送への円滑な移行のための環境整備・支援 124億円 ( 95.5%)
5. 情報通信利用環境整備推進事業   6億円 ( 75.0%)
         
【国土交通省】      
1. 道路事業   ※  1兆5,371億円 (115.3%)
    ※※    
2. 治水事業等  ※  7,092億円 (115.8%)
    ※※    
3. 都市公園等事業   ※  ( − )
    ※※    
4. 下水道事業    63億円 (117.0%)
     ※    
    ※※    
5. 地域住宅計画に基づく事業 ( − )
6. 地域公共交通確保維持改善事業   346億円 (113.1%)
7. 集落活性化推進事業   3億円 (113.8%)
  ※   この他に、社会資本整備総合交付金      
      25年度:9,031億円、26年度要求:1兆558億円)がある。  
  ※※ この他に、防災・安全交付金      
      25年度:1兆460億円、26年度要求:1兆2,227億円がある。
 
         
【文部科学省】      
1. 公立文教施設整備費   1,520億円 (252.0%)
2. へき地児童生徒援助費等補助金    13億円 (133.4%)
   (1)スクールバス・ボート等購入費    6億円 (127.0%)
   (2)遠距離通学費      4億円 (161.2%)
   (3)寄宿舎居住費    0.3億円 (106.3%)
   (4)高度へき地修学旅行費    1.1億円 (119.1%)
   (5)保健管理費   0.5億円 ( 94.7%)
3. 健全育成のための体験活動推進事業    59億円 (226.9%)
  (いじめ対策等総合推進事業の一部として実施)      
4. 青少年の体験活動の推進     0.8億円 (121.7%)
         
【文化庁】      
1. 文化芸術による子供の育成事業   63億円 (皆 増)
2. 無形文化財の伝承・公開   6億円 (101.7%)
3. 民俗文化財の保護   3億円 (112.0%)
4. 文化財保存技術の伝承   3億円 (107.6%)
         
厚生労働省】      
1. へき地保健医療対策費   38億円 (101.7%)
2. 医療施設等設備整備費   6億円 ( 95.1%)
3. 医療施設等施設整備費   60億円 (1644.5%)
4. 地域医療支援センター運営経費   14億円 (140.6%)
5. 保健衛生施設等施設整備費    9億円 (100.0%)
6. 社会福祉施設等施設整備費補助金   71億円 (136.0%)
7. 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金   46億円 (114.2%)
8. 地域介護・福祉空間整備推進交付金   11億円 (100.0%)
9. 子育て支援対策臨時特例交付金(安心こども基金) 予算編成過程で検討
10. 次世代育成支援対策施設整備交付金   23億円 (100.0%)
11. 簡易水道等施設整備費    144億円 (165.8%)
12. 農林漁業就職総合支援事業   8億円 ( 82.8%)
         
【経済産業省】      
1. 地域力活用新事業全国展開支援事業   15億円 (100.0%)
  (小規模事業対策推進事業の内数)      
2. 中小企業・小規模事業者連携促進支援事業(内数)(新規) 23億円 (皆 増)
3. 小規模事業者等JAPANブランド育成・地域産業資源活用支援事業(内数)(新規)   29億円 (皆 増)
4. 地域資源活用ネットワーク構築事業   4億円 (皆 増)
         
【環境省】      
1. 自然公園等事業   74億円 ( 90.0%)
2. 国立公園等民間活用特定自然環境保全活動(グリーンワーカー)事業費   3億円 (100.0%)
3. 鳥獣保護管理強化総合対策事業の一部   5億円 (103.7%)
4. 地域生物多様性保全活動支援事業   1億円 ( 66.5%)
5. 浄化槽整備事業   90億円 (100.5%)
6. 廃棄物処理施設整備事業    500億円 (169.4%)
  (浄化槽設置事業及び浄化槽市町村整備推進事業を除く)  
7. 日本の国立公園と世界遺産を活かした地域活性化推進費(新規)  32億円 (皆 増)
         
【内閣府】      
1. 地域再生基盤強化交付金    588億円 (117.0%)
         
【平成26年度山村振興関係農林水産省税制改正要望の概要】  
○  森林吸収源対策の財源確保に係る税制措置      
  石油石炭税の税率の特例の活用、森林環境税(仮称)の創設等  

  


《前へ》《次へ》