【宮森俊光 農林水産省中山間地域振興課長 挨拶要旨】
 中山間地域直接支払制度と昨年までの農地・水管理支払交付金の名称を変更した多面的支払交付金及び環境保全型農業直接支援の三つを盛り込んだ日本型直接支払に関する法律が「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」として6月に制定されました。現場の皆様からはこれまでは予算補助であったことから安定的制度にして欲しいという声がありましたが、お陰様で安心して制度の活用ができると思います。与党の諸先生にお世話になりまして、長い国会でしたがなんとか成立させていただきました。
 農林水産省としては昨年の12月に「農林水産業地域の活力創造プラン」を決定し取り組みを行っておりますが、これを今回6月に改訂させていただきました。昨年の秋から進めております農政の改革を今年からもう一段加速するということで、大きな方向がこれに書かれております。
 今年度は山村振興法の延長の年です。議員立法ですので、国会の先生方のご指導を仰ぎながら進めていくことになると思いますが、市町村長の皆さんをはじめ現場の意見を良くお伺いしながら、関係省庁、関係団体の意見も聞きながら取り組んでいきたいと思っています。