【中谷 元 会長 (衆議院議員)の挨拶要旨】

 本日は理事会の開催ということで全国各地からご出席をいただき有り難うございます。今年は、台風が非常に多くて、私の高知県には3回も上陸しましたが、各地で被害が出まして、関係の自治体の皆さんにはお見舞いを申し上げます。また、長野県の御嶽山で火山が爆発しました。大変な悲劇で亡くなられた方には心から哀悼の意を表したいと思います。関係の市町村の皆さんも風評被害、これは東日本大震災の際にも生じましたが、これは大きな傷跡でして、そういう面について政府においても全力で取り組んでいるところです。
 山村振興につきましては、昭和40年に山村振興法が制定され、10年ごとに延長されていますが、これは議員立法です。来年3月に期限が到来しますが、50年の節目に当たります。今、高齢化・過疎化が進展していますが、国の方もこれはなんとかしなければならないということで、地方創生本部また地方創生担当大臣を設けて、国を挙げて取り組んでおり、本当にまたとない機会であります。50年の節目の改正に相応しい法律にすると同時に、それぞれの具体策が出てくるような内容にしたいと思いますので、皆さんのご意見を拝聴できればと思っています。