優秀賞

「村の鍛冶屋さん」 八角宣一(神奈川県) 三重県関町にて

 お江戸日本橋から京三条大橋まで、旧東海道を休日を利用し、三年かけて歩いた。
 その昔「鈴鹿の関」のあった関宿は、その古い家並にまるで江戸時代にも遡ったような錯覚をおこさせる。
 宿場の外れに、あの童話「しばしも休まず槌打つ響き、飛び散る火花よ走る湯玉…」 そのままの鍛冶屋さんがあった。                           


   

《次へ》