【赤堀聡之 林野庁森林利用課長 挨拶要旨】
先日、山村振興特別委員会の現地調査に同行して、熊本県及び鹿児島県に行ってきました。山村振興の中で、やはり森林・林業が非常に重要な位置にあることを現場で見せていただきまして非常に勉強になる機会でした。
また、先生方からお話がありましたように、山村振興法が延長・改正される運びになり、内容が充実することになるということで、私共としてもこれを機会に山村振興、森林・林業の活性化を図っていきたいと考えています。山村活性化支援交付金についても、是非現場で活用いただき、山村振興、森林・林業の活性化に対応していきたいと考えています。
また、私共では、森林・山村多面的機能発揮対策を用意しておりますが、こちらも是非活用いただければと思います。
山村地域にある森林資源、これは戦後の皆様の努力によるお蔭で非常に充実してきており、これを是非林業の成長産業化や山村振興につなげたいと思っています。
具体的には、CLT等の木材需要の創出、国産材の安定供給体制の構築、山村・森林の多面的機能の維持向上に取り組んでいきたいと考えています。