【佐々木隆博 理事(衆議院議員)挨拶要旨】

 このたび、全国山村振興連盟の理事として皆様と一緒に山村振興に携わらせていただくこととなりました民主党の佐々木隆博でございます。
 宮腰先生から議員立法の話をいただいた時に、超党派で是非山村振興法を改正したいとのお話だったものですから、超党派で行うのであれば、全国山村振興連 盟自体を超党派にしていただかなければ話が合わないのではないかということを申し上げたら、余計なことを申し上げたのかも知れませんが、結果として私が民 主党を代表して理事ということになりました。山村地域を是非振興したいという思いは同じでございますので、是非よろしくご指導をいただきたいという風に 思っております。
 私は地方創生の特別委員会にも所属していますが、石破大臣と質疑をさせていただいた時に、「創生」というのは新しく創るという意味なのだけれども、何を 新しく創りたいのだと、むしろ必要なのは今ある農山漁村を再生することなのではないか、今ある人達を元気にする、再生することの方が重要なのではないかと いうお話を申し上げました。そうしたら、その通りだけれども、発想を新しくしたいから「創生」と言っているのだとう答弁がありました。なによりも地域を支 えているところしっかりと再生すること、そのためには山村振興は非常に重要な課題であると認識しながら、一緒に頑張っていきたいと思っておりますので、ど うぞよろしくお願い申し上げます。