【今泉裕治 林野庁山村振興・緑化推進室長 挨拶要旨】

 山村には豊富な森林資源があります。この森林資源の中でもとりわけ人工林の多くは本格的な利用期を迎えているということで、こうした森林資源を循環的に利用し、林業の成長産業化を図っていくことが、山村の振興そして地方創生には重要な鍵になると考えています。
 このため、平成28年度予算の概算要求においても、こうした林業の成長産業化そして森林吸収源対策といったものを重点的に計上させていただいています。
特に、「次世代林業基盤づくり交付金」については、間伐や路網整備を含めた川上から川下までの取組を総合的に支援する事業ということで、従来の「森林・林業再生基盤づくり交付金」に間伐、路網整備の支援を加えて大幅に金額を積み増して要求しています。この予算が確保できるよう、全力をあげて取り組んでいきたいと考えています。
 また、当連盟の理事会、研修会、ブロック会議の場でもたびたびご紹介させていただいている「森林・山村多面的機能発揮対策」ですが、これは平成25年度に創設して3年目を迎えています。里山林の保全管理、小規模な自伐林家の活動など各地域で色々幅広く工夫をこらした活動に有効に活用いただいているところであり、来年度も必要な額を要求していますが、是非、引き続き各地域で活用いただきたいと思います。また、市町村の役場からもこうした交付金を活用している組織、団体への様々なご助言、ご指導をよろしくお願い致します。
 森林吸収源対策に係わる安定財源確保については、政府の「骨太の方針」においても財源確保の新たな仕組みの導入に関して、本年末、COP21までに結論を得ることとされたところであります。来年度の税制改正要望におきましても、石油石炭税の特例の活用、森林環境税(仮称)の創設等を要望させていただいており、年末に向けてこの確保に全力で取り組んでいきたいと思います。先生方そして各市町村の皆様からもご支援、応援をよろしくお願い致します。