【古賀  徹 農林水産省中山間地域室長 挨拶要旨】

 農林水産省では平成28年度概算要求として2兆6,497億円、前年度比114.8%の要求を行っています。
 その中で農村振興施策につきましては、本年度から計上しています「山村活性化支援交付金」を前年度より5千億円増の8億円を要求しています。現在各地で実施に向けた取組みがなされていると伺っていますが、引き続きこの交付金を着実に執行していただくことが必要かと思っていますので、よろしくお願い致します。
 また、「中山間地域等直接支払交付金」については今年度から第4期対策になりますが、様々、超急傾斜の加算措置ですとか、交付金の返還ルールを明確にするなど制度の見直しを行っています。今年度と同額の290億円の要求を行っていますので、引き続き実施の方をよろしくお願い致します。
 今後とも皆様のご意見を伺いながら山村振興施策に取り組んでいきたいと考えていますので、引き続きご支援をよろしくお願致します。