【衆議院議員 金子恭之 先生 挨拶(自由民主党山村振興特別委員会委員長)】
皆さんお早うございます。只今ご紹介にあずかりました、自由民主党山村振興特別委員長の金子でございます。
1年この役職を務めさせていただきましたが、働きが 足りないのかもう1年やれということで、再任をして頂 きました。これからも皆様方と一緒に一生懸命頑張っ てまいりますので、よろしくお願い致します。 司会の方から会員の国会議員を代表してということで した。宮腰会長そして私の地元 芦北町長の竹ア会長代行の下、前列にお座りの自民、公明、民主、維新の皆さんと共に理事をめさせていただいており、皆様方の仲間でございます。しっかり頑張ってまいりたいと思いますので、よろしくお願い致します。
只今、宮腰会長、伊東副大臣から縷々お話がありましたが、昭和40年に山村振興法が議員立法で制定されて以来、生活環境あるいは社会基盤の充実ということでしっかり成果を挙げてきたところであります。今年の3月は、前回改正後の丁度10年の節目ということで、単なる単純延長では駄目である、これまでの経験を活かした中で山村地域の現場の声をしっかりとこの法律の明記していこうということで、役員の方々をはじめ全国の皆さん方の意見を集約していただきながら、何度も何度も協議をしながら原案を作り、そして与野党結束をして最終的には委員長提案ということで成立をみたわけであります。
先ほど宮腰会長からお話がありましたように、期限を10年間延長する、また、基本理念の新設、これは宮腰会長が非常に拘ったところですが、それを明記させていただきました。そして、目的規定とか産業振興、住民福祉の向上に関する規定を充実させていただいたところでございます。
これが単なる法律改正にとどまらないで、それを活かしていただいて、日本を支えていただいている山村地域であるという自覚の下に更なる振興を図っていかなければいけないと思っています。勿論、過疎化、少子・高齢化、鳥獣被害等山村を取り巻く環境は厳しいわけでございますが、この法律に基づいて林業の振興を柱として山村振興をさらに深めてまいりたいと思います。いずれにしましても、必要な予算あるいは税制を確立して山村振興の基盤を確保していくことが必要でございます。
去る9月15日には、山村振興特別委員会を開催しまして、平成28年度山村振興関係予算概算要求の概要につきまして今日お見えいただいている関係府省庁から説明をいただいた上で、先生方あるいは全国山村振興連盟を代表して役員の皆様方に様々な議論を深めて、これからの来年度予算確保に向けての結束を深めたわけであります。
特に「山村活性化支援交付金」というのは、現場の皆様方から是非ソフト事業が必要だからということで、役所も頑張って頑張って新規に確保した7億5千万円でございます。まだまだ、それぞれの市町村において計画を作る手間とかそういったもので躊躇されているところもありますが、既にかなりの市町村から手が挙がっております。来年度は8億円を目指して予算折衝をしているところですので、是非、今日お見えの市町村におかれてもまだ手が挙がっていないところでは、それぞれ都道府県あるいは国において親切丁寧に指導してまいりますので、この交付金を一つの武器にしながらそれぞれの地域の独自性のある活性化策をまとめていただければありがたいと思います。
併せて、森林の整備のための「森林環境税」につきまして、我々も皆様方と共に頑張っていく決意でございます。
最後になりましたが、全国山村振興連盟の皆さん方の益々のご発展と本日ご出席の皆さん方のご健勝をお祈り申し上げまして、私から、今日お集まりの国会議員を代表してのご挨拶とさせていただきます。