【吉野正芳 理事(衆議院議員)の挨拶要旨】

 宮腰会長からお話がありましたように、我々の長年の懸案でありました森林環境税がやっと日の目を見て、近い将来に実現される運びとなったわけであります。これは国税として全国に税金をかけて一端国に入りますが、全額市町村に渡し、市町村が森林整備に使うというすばらしいものです。全額皆さんに渡って、その代わり、森林整備をしてもらいたいというものであります。
 来年度は総務省では500億円の地方財政措置を講じることになっています。
林地台帳の整備、森林所有者の確定、境界の明確化等森林整備をする上で前提となることを行うためのものです。これも活用していただきたいと思います。