我がまち・我がむらの誇りー北海道白糠町

白糠アイヌ民族三大祭

 北海道の先住民族アイヌは、自然界のすべてのものに神が宿るという共生の教えを守り後世に伝えてきました。
 先祖供養の「ふるさと祭」。海岸に打ち上げられたクジラにより飢餓から救われた故事から生まれた「フンペ(鯨)祭」。ししゃもへの感謝と漁の安全を祈願する「ししゃも祭」は三大祭と呼ばれ、大切な儀式として伝承されています。                                          


   

《次へ》