北海道苫前町長 森 利男


(概要)
苫前町の概要ですが、図面にありますように札幌と稚内の中間くらいに位置し、北海道北西部の日本海に面しています。海岸の長さ17.3q、奥行き50qで、面積は454.53平方キロメートルとなっています。
@自然ですが、降雪は多い方ですが、融雪は早い方です。A社会・経済ですが、産業構造は一次産業が主な産業で、特に農業は水稲・畑作の複合経営や乳牛を主とした酪農が主体です。漁業は沿岸漁業と増養殖漁業を主としていますが、近年資源管理型漁業への転換が図られています。B過疎の状況ですが、平成22年の国勢調査による総人口は3,656人、1,600世帯の小さな町です。昭和35年の10,898人と比較して66.5%減少しています。高齢者比率は36.6%です。北海道はおしなべてこういう町が多いと思っていますが、過疎化の要因は、第一次産業や第三次産業の後継者不足、商工業の低迷などによるものだと思っています。これまで産業基盤の振興、生活基盤の整備等に努めていますが、日本海に面して通年して吹く風を利用した風力発電施設の誘致や建設などを進めています。日本の再生可能エネルギーの比率はまだまだ低く8.5%くらいですが、先進国は20%以上あり、私達は、今日は仲間が来ていますが、いずれは20%以上に上げて先進国と対等に話ができるように比率を上げたいなと思いながら普及に取り組んでいます。右下の図面の「牧場内にある風車」ですが、町営の牧場の中に風力発電施設を42基設置していまして、52,800kwの発電能力、約人口9万人を賄えます。日本で大型風車を一番先に建てた地域でして、実はFIT制度(再生可能エネルギー固定価格買取制度)により私の町が最初に適用されましたが、20年間ということであと2、3年で制度が切れます。太陽光、バイオマスに取り組んでいるところもありますが、同様に20年で切れるということになっています。私たち風力発電の組織が一番大きいので、私(注:森町長は、風力発電推進市町村全国協議会会長を務めています。)が先頭に立って国の方と協議を行っています。何とか自然エネルギーの活用を図って、日本の比率を上げていきたいと考えています。

(産業振興)
〇農業についてですが、農業経営基盤の安定化や若い担い手の育成及び新規就農者等による農業者の確保が課題となっています。また、消費者は食の安全・安心を求めており、質の高い農産物、環境の優しい農業が求められるのは当然で、北海道ではクリーン基準を設けていますが、本町ではその基準に合致したクリーン農業を基本とした栽培技術の向上と貯蔵・集出荷などの流通体系の整備に取り組んでいます。
下の表をご覧下さい。「山の恵みカレンダー」です。米、メロン、ミニトマト、かぼちゃ、とうもろこしが主流です。米は、三重県、愛知県辺りに出荷されております。
メロン、ミニトマト、かぼちゃは大手の回転すしとかに出荷していたのですが、不作の時に対応が非常に難しくなるということで長い目で見て、今は全部市場に出荷しています。どこに入っているか市場調査した結果、本町はクリーン農業ですので、生協に入っているのが多いような感じがします。
下の左の写真は選果システムで、これはX線、コンピューターなどを使用するものです。右の写真は雪冷熱を活用した定温貯蔵施設です。
農業者136戸、一戸当たり約2千万円くらいになるのかなと思っています。
〇漁業についてですが、漁業者は54戸ですが、一戸当たり約3,8000万円くらいになるかなと思っています。
沿岸漁業を主にカレイ・タコ・コンブ・ウニ、沖合漁業のエビ、海面養殖業のホタテなど四季折々の漁獲があります。ホタテは主に韓国に輸出されています。昨年は非常に値が高くて、成貝、半成貝が主流で、稚貝は全部一円に回っています。新たな取り組みとしてナマコ漁を安定的にする調査・研究事業を行っています。北海道開発局とも連携して日本海の北側にナマコを定着させることを狙っています。漁業の担い手育成、新規着業者、繁忙期の労働力確保にも苦慮しており、これらを含めて漁業協同組合と経営基盤の強化を図っていく必要があると思って、取り組んでいるところです。原料安定確保、消費者ニーズに対応した製品開発に努めています。海から上がったら屋根付き岸壁を通ってすぐ雪冷風の荷捌き場に入ります。荷捌き場は夏でも寒くこれにより価値を高めて出荷しています。エビは全国、カレイは道内、ホタテは韓国、タコは全国、ナマコはほとんど中国、カジカは道内にそれぞれ出荷されています。

(様々な施策)
住みよいまちづくりとして、「結婚・妊娠・出産」、「子育て」、「住宅支援」、「高齢者」、「起業支援」の大きく5つに分けて施策を展開しています。アイデアをどんどん集めて審査会をやって実施しています。住民ニーズが下火になってくるとそれを切り替えながらやっています。
「出産支援費助成事業」については、一人目20万円、二人目25万円、三人目50万円、四人目100万円です。子育てに伴う経済的負担軽減のための「町内保育所の保育料軽減措置」や「高校生までの医療費無料化」、地元商業高等学校通学者への支援としての「学校諸経費・入学支度金の補助」を行っています。
高齢者の関係では、公共交通が不便ですので、移動の利便性向上のために、「にこにこタクシー運行事業」をやっています。町内どこまで行っても400円。4人で乗車する場合は一人100円、1週間2回96回のカードを発行しています。高齢者の皆さんが誘い合い、病院、買い物に行けるようにしています。温泉がありますので「いやしふれあい助成事業」として高齢者が年に1回10月〜3月まで利用できる宿泊助成券(5千円)を交付しています。

(締めくくり)
本町の一次産業は、農業・漁業については後継者もある程度整ってきている、施設整備を含めて町もお金を出しながら、安定してきていると判断しています。
昨日、山本幸三 地方創生担当大臣から稼げる農業・漁業でなければ駄目だという話が出ました。私も稼げる農業・漁業でなくてはいけないと思いながら仕事を進めているところです。今後さらに各項目を分析して収入が上がるように内容の充実も図ることとしています。
先ほど金子恭之先生からご挨拶がありましたが、山村振興法は幅広い法律であり、なんでも来いの法律かなと私は解釈しています。皆様と一緒にこの法律を大いに活用しながらしっかり全国ネットワークで町づくりをしていかなければならないと思っています。

(資料) 森  苫前 町長