第8回ふるさと山村フォトコンテスト 特別賞
「秋 日」 可児幸彦(岐阜県) 富山県細入町にて

 この場所は、二年前の秋に車窓から目に入り、撮影ポイントを定めようと、下に降り何度も、フレーミングや光線状況を確認した。ポイントを決め、冬、春、夏と各シーズンに挑戦した。やはり秋は、ススキの穂が光に映え最高である。
 特に、この日は風があり、雲が出てスポットライトを当てたようで心が躍った。これぞ日本の原風景だと思っていると突然左端から婦人が現れたので、思わずシャッターを押した。


《次へ》