全国森林環境・水源税創設促進連盟主催の「森林環境・水源税フォーラムinあきた」が平成16年8月18日〜19日秋田市において約400名が参加して盛大に開かれた。
 全国山村振興連盟から佐々木副会長(秋田県大内町長)が来賓として出席した。
 フォーラムは、C.Wニコル氏の「日本の森を再び野生動物の棲める豊かな森に戻す森の再生活動」と題する基調講演のあと「森を育て、森を活かすために私たちはどう取り組むのか」をテーマに活動の実践の紹介、取り組みを実現するための財源として、国民的な観点から新税の創設の必要性」等について、パネルディスカッションが行われた。



《前へ》《次へ》