自由民主党山村振興委員会(委員長代理:松岡利勝衆議院議員)は、平成17年度予算概算要求が8月末までに各省庁から財務省に提出されるのに先立ち、去る8月26日午前11時から衆参国会議員12名出席のもと自民党本部リバティ2・3号会議室において開催された。

 委員会は、松岡委員長代理の司会の下に平成17年度山村振興関連関係省庁予算概算要求について関係省庁担当課長等から説明を受け、山村振興対策に関する質疑が行われた。
 なお、関係各省庁からの説明の後、全国山村振興連盟を代表して、脇本哲也連盟副会長(北海道知内町長)から次の要請を行った。


【脇本哲也連盟副会長要請内容】 
 只今ご紹介いただきました全国山村振興連盟の副会長 北海道知内町長の脇本でございます。発言の機会を与えていただき有難う御座います。
 山村振興委員会の松岡委員長代理をはじめ委員会の諸先生におかれては、平素より山村振興のためにご尽力いただき、全国の山村市町村を代表して心から感謝申し上げます。
 また、ただ今は、平成17年度の山村振興関係の概算要求の内容について関係省庁からご説明がありましたが、予算編成をめぐる厳しい状況の中で山村振興のためにご努力いただいていることに改めて感謝申し上げます。
 さて、山村振興の基本となっている山村振興法につきましては、その制定及びこれまで3度の延長のため、諸先生方には大変なご尽力をいただきました。この法律により、国の政策的支援の下、これまで山村の振興が図られてまいりましたが、その期限が来年3月末に到来いたします。
 山村のとりまく状況は人口の減少・高齢化、三位一体の改革、市町村合併等厳しいものがありますが、山村の役割は益々重要となっております。私共は全国民の理解と支援をいただきながら、今後とも山村を守り育ててまいる覚悟であります。
 諸先生方におかれては、ただ今ご説明いただきました関係省庁の予算等の確保と併せまして、山村振興法の延長等に向けてこれまで以上のご指導、ご支援をいただきますよう、心からお願い申し上げます。



《前へ》
《次へ》