・・

 山村振興全国連絡協議会(都道府県の山村振興主幹課長で組織)九州ブロック会議が10月19日(木)〜20日(金)宮崎県南那珂郡北郷町の「サンチェリー北郷」において開催された。
 会議は、最初に宮崎県農地域生活部地域振興課 鈴木康正課長から開催県の歓迎挨拶があり、続いて農林水産省農村政策課 渡邉大伸特殊土壌係長、全国山村振興連盟 東事務局長、九州農政局整備部地域整備課 森下真澄課長補佐から、それぞれ来賓挨拶があり、久島直治山村振興係長の紹介があって、議事に移った。

 議事内容は次のとおりである。


1.平成19年度山村振興関連関係省庁予算概算要求の概要等について
.  農林水産省農村政策課 渡邉大伸特殊土壌係長から「平成19年度山村振興関連各省庁予算概算要求額」と「山村税制の概要について」の説明が行われた。
2.全国山村連盟の活動について
 東諄事務局長から、9月26日誕生の安倍内閣に山村振興連盟会長の柳澤伯夫先生が厚生労働大臣、副会長の若林正俊先生が環境大臣、理事の松岡利勝先生が農林水産大臣にそれぞれ入閣され、役員を離れられたことに伴い、二田孝治先生が副会長に任命され会長代行に就任された。このように山村振興にご理解を示される方々が多く入閣されたことは山村振興を担当する者として心強いことであるとの報告がされた。
 平成19年度山村振興関連予算確保等に向けての取組みとして「自民党山村振興委員会の概要」、「認定法人における課税特例措置の延長」の要請活動等が報告された。
3.「元気な地域づくり交付金」について
 九州農政局久島係長から平成19年度予算概算要求関係の説明、森下課長補佐から九州管内の実施事例、制度の検証と課題の整理、中山間地域等直接支払制度及び会計検査情報等についての説明が行われた。
4.各県提出議題について

(1)

山村振興計画に基づき採択される事業(県代行林道等)を実施中の市町村における山村振興計画の作成予定について (提案県:福岡県)

(2)

新山村振興等農林漁業特別対策事業実施要領の運用(計画達成状況報告)について (提案県:佐賀県)

(3)

会計検査について  (提案県:熊本県)

(4)

元気な地域づくり交付金(中山間地域等の振興)事業による総合鳥獣被害防止施設の利用状況について  (提案県:熊本県)

(5)

山村振興計画の作成予定と山村振興法第8条第1項に基づく都道府県同意にあたっての事前調整について  (提案県:大分県)

(6)

第3セクターの認定法人化、山村税制利用状況について (提案県:宮崎県)

(7)

元気な地域づくり交付金(中山間地域等の振興)における地域提案メニューの実施状況について  (提案県:宮崎県)
等、各県から提案が行われ、今後の方策及び取組みが話し合われた。
5.平成20年度幹事県について

次期開催県は、大分県に決定した。

 翌日は、元気な地域づくり交付金等の活用事例として、美郷町「道の駅南郷」、「中期展張型ハウス施設」、日南市坂元の「棚田」を視察し、現地調査を終了した。



《前へ》《次へ》