山村振興全国連絡協議会(都道府県の山村振興担当課長で組織)の平成20年度ブ
ロック会議が近畿、北海道・東北の2ブロックにおいて開催された。

近畿ブロック会議
 近畿ブロック会議が10月23日(木)〜24日(金)の両日、京都府舞鶴市の「自然休養村管理センター 大浦ハイランド」において開催された。
 会議には、11名が参加し、最初に京都府農林水産部農村振興課 住谷康生副課長及び農林水産省中山間地域振興課 進藤栄治調整係長から挨拶があった。
 続いて、議事に移り、次の事項についてそれぞれ説明、質疑が行われた。
(1) 平成21年度概算要求について
(農村振興局中山間地域振興課調整係長 進藤栄治 )
(2) 平成21年度農山漁村活性化プロジュエクト支援交付金概算要求について
(近畿農政局整備部地域振興課課長補佐 板坂修二 )
(3) 農山漁村活性化プロジュエクト支援交付金の取組状況等について
(近畿農政局整備部地域振興課山村振興係長 森本 茂)
(4) 中央情勢について
(全国山村振興連盟常務理事 東 諄)
 続いて、検討会に移り、次の懸案事項等について、各府県の取組み状況等について報告が行われ、検討が行われた。
(1) 山村振興対策推進上の問題点(課題・要望)等
(2) 農山漁村活性化プロジュエクト支援交付金に関する問題点(課題・要望)等
(3) 山村振興計画に関する問題点(課題・要望)等
(4) その他
次期幹事県は、兵庫県に決まった。
翌日は、「杉山地区」及び「ふるるファーム」を視察した。

北海道・東北ブロック会議
 北海道・東北ブロック会議は、10月30日(木)〜31日(金)の両日、山形県山形市において開催された。
 会議には13名が出席し、最初に山形県農林水産部農村計画課 高橋久一農山村整備課主幹から挨拶があり、続いて案件の協議に移り、次の事項について説明、質疑が行われた。
(1) 山村振興に係る中央情勢について
農林水産省中山間地域振興課 進藤栄治調整係長から、「平成21年度山村振興関連各省庁予算概算要求額」、山村税制等について資料に基づき説明がなされた。
(2) 全国山村振興連盟の活動状況等について
全国山村振興連盟 東 諄常務理事から、山村振興連盟の活動状況について説明がなされた
(3) 各道県の山村振興対策の取組状況等について
東北農政局農村振興課 後藤孝平就業改善係長及び地域整備課 小倉俊一 山村振興係長から、農山漁村活性化プロジュクト交付金、小規模・高齢化集落支援モデル事業、こども農山漁村交流プロジュクト支援交付金、農村コミュニティ再生・活性化支援事業につて説明が行われた。
 各道県から@市町村の山村振興計画の策定状況及び対応方針等について、A農山漁村活性化プロジュクト交付金等を活用した地域活性化の取り組み、Bその他、山村振興施策に係る課題、について資料に基づき説明が行われた。
次期幹事県は、秋田県に決定された。
翌日は、西川町発芽胚芽米製造処理加工施設、月山銘水館及び寒河江ダムを視察した。


《前へ》《次へ》