東京都奥多摩町
(東京都奥多摩町について)
 東京都の最北西端に位置する奥多摩町は、全域が秩父多摩甲斐国立公園に含まれています。豊かな森林と自然に恵まれ、都心から近距離にある都民の憩いの場として親しまれています。94%が森林で、農地は、傾斜地で小面積の畑が点在して、ワサビ、シイタケなどが特産品としてあります。農業は機械化ができず生産効率が悪い。農業粗生産額は低く、畑作は自家用野菜の栽培が中心となっています。

(町の農作物被害の現状について)
奥多摩町における農作物獣害被害額
縦軸単位(千円)、横軸単位(年度)
  近年、サル・シカ・イノシシによる農作物への被害が深刻な問題で、獣害が原因で耕作放棄地が増加している現状です。
 特にシカの被害がすごい状況です。東京都にはシカは奥多摩町にしかいなく、平成14年度の調査では2,560頭の、平成16年度の調査結果では推定生息数約2,000頭のシカがいることが報告されています。かつて東京都ではシカの捕獲が禁止されていたこともあり、周りの県などで狩猟などでシカが追われて、全体的に増えてしまったと思われます。このシカの生態ですが、シカは行動圏が広く、病気にも強い。そして、急峻な山も登れますし、一般的に雪が降って50cm位になると動けないといわれていますが、かなりの雪の量でも動けるように見えます。このようなたくましいシカを減少させることはとても難しいのが現状です。その他、サルが8群約200頭、イノシシもクマも町内にいます。
 様々な取組の結果、農作物の被害については、平成8年をピークに落ち着いていますが、特に間伐や植林などをしたところは、食害の被害が目立ち、大きく荒地化しているところが町内に4ヶ所ほどあります。アンケート上では被害は減っているのですが、分かっている限りのことなので被害はもう少しあると考えられます。町民にはあきらめムードの人もいるのが現状です。

(町が行っている主な対策について)
奥多摩町におけるシカ被害の様子
(奥多摩町提供)
 平成5年以降、東京都から許可を取って最大限にシカの捕獲をしています。平成15年度は制限枠いっぱいの260頭の捕獲を行いました。
 また、昨年11月以降シカの生態調査をしていて、その結果個体数が大幅に増えている場合は、東京都に特定鳥獣保護管理計画の策定をお願いすることになるでしょう。
 現在行っている対策としては、東京都の補助支援を受け、ソーラーシステムによる電気柵を計画的に設置しております。また、山間部のわさび田ついても同様の補助支援を受け防護ネットをはってシカ対策に一定の効果をあげています。この防護ネットは、受益者負担10%程度です。
 先進的な取組としては、今では多くのところで採用されていますが、「奥多摩方式」という、人家近くを行動範囲とするサルの群れに発信器を装着し、群れの行動を観察し、群れが人家や畑に近づくときは、猟銃で追い払うことを最初に行いました。この「奥多摩方式」を実施するために、平成9年から15年度にかけて、サルに発信器を27機取り付け、受信機を4機整備しました。奥多摩町は面積が広いので移動するのが大変ですが、追い払いは毎日行われ、朝から日中3時ぐらいまで行っています。
その他、シカの食害によって裸山化した土地に対しては、東京都に緊急要望を行い、土砂流失防止や治山・治水対策が、東京都並びに関係機関により進められております。

(野生鳥獣と人間(地域)が共生していくためにはどのようなことが必要か?)
 特別保護地区とか鳥獣保護区内に野生鳥獣がいる分には問題ないと思いますが、人間の生活圏に入れば、銃器による威嚇・捕獲(駆除)を実施します。しかし、山の中では深追いはしません。追い払いの半理を、森林との境界線70〜80mぐらいに設定し、根気よく追い払い続け、野生鳥獣を作物から遠ざけ、野生状態に戻していく、つまり鳥獣と人間の棲み分けることによって共生を実現していきます。
 

(キーワード、将来展望)
 サルの対策はある程度効果が出て、現在はシカの対策に取り組んでいるところですが、最近は新たにカモシカが町内に多くみられるようになりました。先ずは、早急に生態調査を東京都に依頼して行くと共に、その個体数を把握し、爆発的に増える前に対策を考えていかなければなりません。シカがそうでしたが、気づいたときはもう手遅れという状態なので、カモシカ対策も早めに行いたいと思います。今後は、現在東京都においてシカ保護管理計画の策定の検討が進められておりますが、早期に計画策定を行うよう、依頼して行きます。

*この文章は、東京都奥多摩町場鳥獣害対策担当者のお話を中心に短くまとめたものです。
*掲載されている写真は東京都奥多摩町よりお借りしたもので、転用禁止

さらに詳しいことを知りたい方は、
東京都奥多摩町役場 
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川215-6
TEL 0428-83-2111(代表)

URL http://www.town.okutama.tokyo.jp/

↑ TOPへもどる ↑